水素水の抗酸化作用はホンモノか!?比較検証サイト

サイトマップ

水素水の抗酸化作用はホンモノか!?比較検証サイト

水素水と他の水の抗酸化作用を徹底比較!

HOME » キレイになれる水素水の効果効能・使い方 » 【番外編】水素風呂・パック

【番外編】水素風呂・パック

水素風呂や水素パックで得られる効果とその方法について解説します。

水素水風呂の知られざる効果

水素分子はとても小さいため、他の物質が入れない細胞の隙間に入ることができます。そのため、水素水風呂に入ることで、水素を皮膚から吸収し肌の奥深くの細胞まで浸透させることが可能。浴室に充満している水素は、口からの呼吸によって取り込むこともできます。

細胞まで浸透した水素は活性酸素に働きかけ、活性酸素が原因であるシワ、シミ、くすみ、乾燥、皮膚の炎症などを改善する効果があると言われています。

また水素には乳酸抑制や代謝促進作用があるので疲労回復効果も期待でき、水素で血管が拡張されるので冷え性にも効果があり、湯上がりの保温効果も普通の水より高いそうです。

最近では、がんの温熱療法、皮膚病の治療として水素温熱療法や水素水風呂を推進している病院もあります。

水素水風呂の入り方

皮膚呼吸で体内に取り込まれた水素が全身に渡るには約7分かかると言われているため、水素水風呂の効果を得るためにぬるめのお湯で10分以上入浴しましょう。30分くらい時間をかけるとより効果的です。

水素の力が8時間くらい継続する水素水もあるそうなので、家族で入浴することもできます。

水素水風呂は全身から効率良く水素を取り入れることができるので、ぜひ生活に取り入れてみてください。

水素パックで美肌になりましょう!

雑誌やテレビなどで水素パックを見たことがある方もいるかもしれませんが、水素水はアンチエイジングのフェイスパックとして近頃話題となっているパック方法です。

水素水パックの効果には美肌効果、エイジングケア、保湿効果、肌荒れ防止、美白、ニキビ改善、肌表皮の抗酸化作用アップ、肌のバリア機能アップなどがあげられます。

水素水の抗酸化力はビタミンCの176倍、カテキンの229倍、ポリフェノールの221倍と圧倒的に高く、メラニン色素の沈着やシミ防止効果が期待できます。

水素フェイスパックの作り方と使い方

シートマスクかコットンに水素水をたっぷりしみこませ、パックしたい場所に5~10分のせておきます。美容液をしみこませるとさらに効果的です。

長時間肌にのせておくとパックが乾燥して水分を吸いとってしまうので、長時間おかないように注意しましょう。

水素パックの後は全身にローションとして使いましょう。肌の細胞が活性化して抗酸化、保湿効果がアップします。水素水には敏感肌やアトピー肌の炎症や乾燥を抑える効果もあり、ムダ毛処理後のケアとしてもおすすめです。