水素水の抗酸化作用はホンモノか!?比較検証サイト

サイトマップ

水素水の抗酸化作用はホンモノか!?比較検証サイト

水素水と他の水の抗酸化作用を徹底比較!

更年期障害への効果

更年期障害の症状と水素水が更年期障害に効果的であることについて解説します。

更年期障害の症状

女性の更年期は卵巣機能が衰え女性ホルモン分泌が減少し始める閉経前後の期間とされています。更年期障害が始まる時期は人によって違いますが、だいたい40代半ば頃が多く、月経異常や月経不順が続く人が多いです。

しかし、症状には個人差があり、ほとんど症状がない人から日常生活に支障があるくらい重い症状の人まで様々で、最悪の場合はうつ症状態になって自殺したり家庭崩壊するというケースもあります。

生殖器の症状 月経異常、月経不順、不正出血
全身症状 顔がほてる、動悸、多汗、めまい、だるい、肥満、やせる、むくむ、冷え
精神的な症状 不安、イライラ、うつ、神経質になる、眠い、意欲の低下
運動器官の症状 腰痛、肩こり、手足のしびれ
消化器の症状 食欲不振、吐き気、嘔吐

更年期障害を改善する水素水 

水素水が更年期障害を改善する効果がある理由には以下があげられます。

  1. 基礎代謝のアップ
  2. ホルモンバランスの調整効果
  3. 脳内伝達物質のバランス正常化や脳の血流増加

水素水を飲むことで基礎代謝があがるので体内のホルモンバランスを正常な値に近づけ、更年期障害の症状改善も期待できます。

また脳内伝達物質のバランス正常化や脳の血流増加によって精神的な症状の緩和や改善も見込まれ、実際にうつ病や認知症の改善例も多数報告されているそうです。

更年期障害の原因

自律神経失調症の一つで、ホルモンのバランスが乱れることで身体や精神に症状が出る疾患です。

更年期は卵巣機能が衰えてくるので、卵巣から分泌される女性ホルモンエストロゲンの量が減少します。更年期で衰えた卵巣は、必要量のエストロゲンを分泌出来ないのでホルモンバランスが乱れ、様々な更年期症状が出てきます。

身体の状態だけではなく更年期の頃は夫の定年、子供の独立、親の介護などの生活の転換時期でもあり、家庭や職場でのストレス、生活リズムの変化による精神的ストレスなどから更年期障害が発生する時期や症状も変化します。