水素水の抗酸化作用はホンモノか!?比較検証サイト

サイトマップ

水素水の抗酸化作用はホンモノか!?比較検証サイト

水素水と他の水の抗酸化作用を徹底比較!

生理痛の緩和

生理痛の原因と水素水が生理痛緩和や不妊治療に効果があることについて解説します。

どうして生理痛になるの?

生理痛の要因の1つにプログラスタンジンがあります。プログラスタンジンは生理の直前から生理開始の数日の間に急激に増加し、子宮内の経血を排出するために子宮を収縮させるという重要な働きをする物質です。

しかし同時に血管を収縮させてしまうので、過剰分泌されると血流が悪くなり、お腹や腰の痛みや冷えの原因となります。

最近では、プログラスタンジンの過剰分泌と活性酸素が深く関係していることがわかってきました。子宮内膜には活性酸素が発生し、過剰に発生するとプログラスタンジンも過剰にできてしまうのです。

また、人間は交感神経と副交感神経のバランスが保たれているので平常でいられますが、ストレスがたまることで交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまいます。そのため脳内の自律神経が乱れ代謝機能が低下、血行や血流が悪くなって生理痛やむくみなどの原因になります。

水素水で生理痛が軽くなる

プログラスタンジン量を正常にもどす

さまざまなものに色々な効果を発揮する水素水ですが、生理痛を軽減する効果もあります。 水素水を飲むと活性酸素を排出することができるので、過剰分泌されたプログラスタンジン量が正常になり生理痛が軽減されます。

細胞の働きを活性化

水素水によって細胞の働きも活発になるので、内臓機能や新陳代謝がアップし血流も良くなるということも生理痛緩和に関係しているようです。

ストレス解消効果して生理痛を軽減

水素水はストレスによって溜まった活性酸素を除去し、副交感神経と交感神経のバランスを調整する力もあることがわかっています。

水素水での不妊治療効果

年々増加している不妊に悩む女性。不妊の理由には色々あり、昔にくらべると結婚年齢が上がっていることも原因にありますが、現代女性の置かれている状況、環境や生活習慣なども関係があるのではないでしょうか。

様々な不妊理由の中でも加齢による生殖機能の衰えが原因である不妊は活性酸素と深く関係があると言われています。

活性酸素が増加することで身体はどんどん老化し、内臓機能や新陳代謝が下がっていきます。が、水素水を飲んで活性酸素が排出されれば細胞を若々しい状態に保つことができるので、本来の機能が発揮できるようになります。

女性の身体に大きな負担がかかる不妊治療は、身体を健康な状態に保つことがとても重要です。水素水を飲んで普段から疲れをためずに細胞を若々しく元気にすることで、不妊治療の効果をあげることが期待できるのです。