水素水の抗酸化作用はホンモノか!?比較検証サイト

サイトマップ

水素水の抗酸化作用はホンモノか!?比較検証サイト

水素水と他の水の抗酸化作用を徹底比較!

癌治療の効果

癌治療の効果

癌治療に水素水は効果について解説します。

水素水は癌に効果的?

水素水は様々な病気の原因とされている活性酸素の働きを抑える力があります。水素水は体内に取り込まれると、活性酸素と結合します。そのため、体内で悪さをしていた活性酸素は、無害な水として出されます。水素水が持つ癌への効果はネイチャーメディシンにも論文が紹介されるほど、医療関係者の間でも注目が高くなっています。
水素水を飲み続ければ、癌が100%治るということはありませんが、癌の抑制や治療方法にも大きな期待が寄せられています。

癌になる原因

癌は、乱れた食生活や、たばこ、アルコール、ストレスなどが原因といわれています。不規則な生活をずっと続けていると、知らない間にどんどん活性酸素が増加していきます。活性酸素は攻撃性が高く、体の細胞に大きなダメージを与えます
日本人に癌患者が多いのは、ストレスも原因の一つといわれています。日本人は勤勉で働き者が多く、朝から晩まで仕事をしている方も多いため、ストレスがたくさん溜まっている方も多いです。また、朝の満員電車での移動や上司とのお酒の付き合いなど、日常生活の中でのストレスの原因は、あげるときりがないほどです。癌の原因となる活性酸素の原因となるストレスは、上手に発散していくように心がけることが大切です。

癌のリスクを低下させる

水素水を飲むことで、癌のリスクを低下させる効果が期待できます。
人間の細胞の中には、ミトコンドリアが存在しています。このミトコンドリアは、たくさん存在しておりATPという人間が生きるために必要なエネルギーを作り出してくれます。しかし、ミトコンドリアはATPを作りながら活性酸素を排出させてしまいます。この、活性酸素が増加してしまうと、悪玉活性酸素となり、減の原因や、体内を酸化させてしまうのです。体内の酸化していくことは、人間にとって不調や老化の原因となります。ミトコンドリアが活性酸素を発生している状態でも、たくさんの元気なミトコンドリアがいれば問題はありません。ミトコンドリアは、バランスの良い食事や規則正しい生活で機能をあげることができます。
水素の中にはミトコンドリアを保護する働きを持っています。癌細胞は、ミトコンドリアを取り込むと癌腫瘍を作り出す働きを、低下させる効果があることが分かりました。癌細胞がミトコンドリアを取り込んでも、水素水はミトコンドリアを守ってくれているので、癌の予防につながるのです。

癌治療に利用される水素療法

癌の治療法には抗癌剤を用いることが一般的です。抗癌剤の副作用として悪玉活性酸素の増加で、肝臓に負担をかけてしまうことがあります。しかし、水素水は肝臓の負担を軽減することが分かりました。水素水は副作用を抑制する効果を持ちながら、抗癌剤の効果に影響しないため医療の手術の現場でも活躍しています。 また水素と他の治療を組み合わせた水素療法は、相乗効果が期待できます。担当医師と相談して試してみるといいでしょう。