水素水の抗酸化作用はホンモノか!?比較検証サイト

サイトマップ

水素水の抗酸化作用はホンモノか!?比較検証サイト

水素水と他の水の抗酸化作用を徹底比較!

飲み方

適正量など水素水の飲み方について紹介し、副作用の有無や好転反応についても解説します。

水素水の飲み方

雑誌やテレビなどでも最近話題にあがることの多い水素水。美容、健康への効果があり、基本的にはいつ飲んでもいいとされていますが、せっかく飲むのなら最も効果的な飲み方をしたいものですよね。

一日の適正量

多く飲めば飲むほど効果的と思う方もいますが、それはNGです。1~1.5Lを1日数回にわけて飲みましょう。

飲用の時期

一年中、普通の水として飲めますが、暑い夏は沢山飲み、寒い冬はあまり飲まないというのではなく、身体バランスを整えられるように、いつも同じくらいの量を飲みましょう。

水温

冷たくしたり温かくしても、そこまで水素量には影響しませんが、あまり冷たくすると体が冷えてしまいます。常温で飲むことをおすすめします。

飲用のタイミング

大量に活性酸素が発生する運動の後、水分補給が最も必要とされる寝起きや食事中、悪玉活性酸素や善玉活性酸素の発生する入浴の後、寝る前(寝ている間に細胞の生成や修復が行われるため)に飲むと効果的と言われています。

料理に入れる

体内に取り入れるので良いというのはもちろんですが、料理の味がまろやかになって美味しく食べられます。

副作用はないの?

ありません。悪玉活性酸素と反応した水素は無害な水になりますが、悪玉活性酸素が体内になくても皮膚や呼吸で体外に排出されます。また、高い拡散性があるため、多く摂取しても不要な水素は体外に排出されます。水素は厚生労働大臣が認めた食品添加物として1995年に認可され、健康に無害であることが認めています。

好転反応

水素を飲むと自己治癒力が高まり体内の老廃物などが排泄され、発熱、発汗、湿疹、下痢などの好転反応が出る人もいます。

これは水素水に対し体が反応している現れであり、一時的な現象なので心配することはありません。

一般に好転反応を乗り切るには、一日1L程度の水を飲んで早く体の中をきれいにすることが良いとされているので、水素水を飲んでいれば問題ないともいえますが、もし不安を感じたり体調に著しい変化があったりする場合には医師に相談することをおすすめします。