水素水の抗酸化作用はホンモノか!?比較検証サイト

サイトマップ

水素水の抗酸化作用はホンモノか!?比較検証サイト

水素水と他の水の抗酸化作用を徹底比較!

作り方

マグネシウムの化学反応、電気分解による水素水の作り方を紹介します。

水素水の作り方

水素水は、水に水素を高濃度に押し込んだものですが、自分で作ることもできます。

水素水を作る方法には「マグネシウムの化学反応」を利用したものと「電気分解」を利用したものの2つがあります。

マグネシウムの化学反応で作る

マグネシウムスティックを購入し、水道水などと一緒にペットボトルなどの容器の中に入れておくという方法です。

価格的にもお手頃で、持ち歩くことができ、お手軽というところがメリットですが、作るのに5時間から1日かかってしまいます。もっと早く作りたいという方は電気分解で作るか、パウチされたものを購入することをおすすめします。

マグネシウムを購入するのは難しいため、マグネシウムを含むセラミックスティック製品を購入して使用しますが、水素水をつくるのにかかる時間はマグネシウムスティック製品によって違うので、購入する時はよく確認するようにしましょう。

また、水素水を作る容器の内部に空気があると発生した水素が空気中に逃げてしまうので、こまめに水を足して余分な空気を残さないようにしましょう。

電気分解でつくる

サーバーに水を入れ電気分解メカニズムを利用してサーバー内で水素を発生させる方法で、基本的にはウォーターサーバーや浄水器を使う時と同じ手順で作ります。

サーバーメンテナンスをきちんと行っていれば、特に手間がかかるわけではなく、マグネシウムで作った水素水と比べると化合物が残らないので不純物が少ないです。

価格について

水素水サーバーの価格は大体20万前後、マグネシウムスティックは1本8,000円くらいですが、価格は製品によって様々なので、1年くらい使用すると想定し、メンテナンスなども含めた費用を考える必要があります。

費用について検討する場合には、マグネシウムスティックなら「使用回数や使用期間はどのくらいか?」「メンテナンス費用はかかるか?」「水道水が使えるか?」、サーバーなら「カートリッジ交換費用とメンテナンスの費用はどのくらいか?」「保証期間があるか?」「水道水が使えるか?」「購入かレンタルか?」などの点について確認しましょう。